形式 K-60ST
全長×全幅×全高(mm) 1555×651×930
(ハンドル格納時全長:910)
質量(kg) 222
(本体193+ウェイト29kg)
研削幅(mm) 590~620
エンジン仕様 型式 空冷4サイクルOHVエンジン(ホンダ)
GXV390-K1
排気量 389cc
最大出力 13ps
連続定格 11ps/3600rpm
エンジンオイル 1.1L
使用燃料 レギュラーガソリン
(無鉛)5.7L
走行装置仕様 走行速度 約0.36~14m/分
入力電源 単相100V×2A
走行モーター ギアモーター三相交流200V:0.2kW

床研削機 K-60STの特長

ハツリ機並みの大能力研削・あらゆる床材に対応

60cmの研削幅で、研削スピード大幅アップ。
相対回転する2連式逆回転カッターにより、ウレタン塗膜や貼り床材、防水材、コンクリート、アスファルトの切削等の高負荷研削が可能です!

自走式で作業者の負担を軽減・均一で美しい仕上がり

自走式のため、作業者(オペレーター)の体力負担を軽減!一定の美しい仕上がりが可能です。
速度は0.4~14m/分まで変速可能です。

作業環境への配慮・改修工事に大活躍

集じん機と連結することで、研削作業時に発生する粉じん飛散を解消!
ハツリ機に比べ研削作業時に発生する振動や騒音が少なく、改修工事に大活躍!

床研削機 K-60シリーズ 使用例

  • レインタンス処理
  • 強化コンクリート表面の目荒し
  • 機械油で汚れている床面の処理
  • エポキシ厚膜の除去
  • ウレタン厚膜の除去
  • 接着剤(白のり)の除去

レンタルの申込はこちら